コラム

家具の移動はどこに頼もう?業者選びのポイント

家具の移動はどこに頼もう?業者選びのポイント

「一人では運べない…」そんな時、頼れる「家具移動サービス」というものがあるのをご存知ですか?家具移動サービスは、大型家具を中心に移動や輸送を請け負っているサービスです。

サービスを利用するときに気を付けるべきポイントとは?サイズによっては自分で運ぶ方法がある?業者でも移動できない家具がある?便利屋と引越し業者はどっちが安い?などなど、家具移動にまつわる話をまとめました。ぜひ、家具移動を考えていらっしゃる方は参考にしてみてください。

 

ひとりで運べない重い家具を移動したいときは

家具移動サービスとは、「組み立て式のベッドや本棚、解体の仕方がわからない…」「一人で重くて運べない…」と思ったときに便利なサービスです。依頼先の例としては、家具移動サービスを展開している引越し業者や、便利屋などにあたります。

家具移動サービスは、一人では運べない大型の家具を中心に請け負っているところが多くあります。大型、中型、家電製品から小型のものまで移動してくれるサービスがあるので、家具を運びたいときは一人で無理はせず、業者に依頼しましょう。

ただし、ピアノや冷蔵庫など、移動に特殊な手間がかかるものは依頼できない場合もあります。ほかの大型家具の場合は梱包して移動するだけなので、多くの業者が対応していますが、ピアノや冷蔵庫は素人が動かすと破損させる危険が非常に高く、断る業者もいます。

したがって、ピアノや冷蔵庫など「大型で重量があり破損するおそれのある家具」を移動したいときは、まず依頼先に相談してみましょう。冷蔵庫などは取り扱うことが多いため引越し業者なら断られることは少ないでしょうが、ピアノは繊細なので、請け負ってもらえない場合があります。そういうときは、ピアノ引越し専門業者に依頼しましょう。

 

サイズによっては自分で工夫して運べることも

サイズによっては自分で工夫して運べることも

もちろん、タンスやキャビネットなど、頑張れば持てるサイズのものは、自分で作業できれば早く安く済ませることができます。
「ダンボール」「アルミホイル」「軍手」の3つのアイテムで家具を移動させる方法や、「家具移動リフター」を使うという方法もあります。後々の移動が楽になるから、と家具の足にフェルトシートを貼っていた方は、物に頼らずとも動かせるかもしれません。いずれにせよ、無理はしないようにしましょう。

 

家具移動を依頼できる業者

家具移動を依頼できるのは、上記の通り、家具移動サービスを展開している引越し業者か、便利屋の2つが主だといえます。「大手の引越し業者に頼んだ方が、なにかあったときに安心ではないか」と思われる方もいるかもしれません。しかし、確かに信頼性という面では劣るかもしれませんが、便利屋の方がよりスピーディに、スムーズに、リーズナブルに済むといったケースも存在します。

したがって、家具移動を依頼できる業者に関しては、多少面倒であっても、複数の業者に見積もり依頼をすることをオススメします。

 

業者比較で注目すべきポイント

業者比較で注目すべきポイント

では、業者を比較するときに注目すべきポイントとは何でしょうか。ここでは、3つ紹介します。

依頼する家具に対応できるか

 テレビ、ベッド、キャビネット、テーブル、ドレッサー、チェアといった生活家具から、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、オーブンなどの家電、コピー機や金庫などの重量物など「一人では重くて運べない家具」を中心に取り扱っている業者がほとんどです。
ただし、必要な機械や工具がそれぞれ異なるため、あらかじめ業者に相談しておくのが安心でしょう。二度手間や家具破損のリスクを減らすことができます。

万が一の際補償はあるか

業者が保険に加入していない場合、不慮の破損があっても弁償してもらえない場合があります。とくに、便利屋・引越し屋で個人事業主が営む小規模な業者に依頼する際には注意しましょう。
保険に加入していないことも考えられるからです。問い合わせ時には、「万が一破損があったときの対応はどうなっていますか?」と聞いてみるとよいでしょう。

価格が適切か

便利屋の場合、基本は時給制で「作業員数」×「時間」で決められるところが多いようです。壁の養生や家具の分解・組立を希望する場合は別途料金がそれにプラスされていく、という形です。

家具移動サービスを実施する引越し業者の場合、「家財一点につき」のような固定料金制のところが多いようです。家具の分解や組立、吊り上げなどを希望する場合は追加料金が発生するシステムです。また、価格は依頼先の店の状況や大きさによっても上下します。たとえば引越しシーズンである3月や4月は多忙期であるため、料金の変動が考えられます。

 

不要になった家具の処分も依頼できる?

なかには、不要な家具を引き取ってくれる引越し業者がいますが、「その引越し業者で引越しをした際に」という但し書きがついているところがほとんどです。また、業者によって「購入から6年以内のもの」「購入から5年以内のもの」という些細な違いがあるため確認が必要でしょう。
移動の際、引越し業者にそのまま不要品回収を依頼できるのは手間も省けて一石二鳥です。しかし、状態によっては有料になったり断られたりすることもあります。

また、もし引き取られなかった場合は、買い取った店に行ってみるのも手です。家具を販売しているいくつかの会社では、対象商品に限り、新しいものを購入したときに古いものを引き取ってくれるサービスをしているところもあります。家具購入の際には、このようなサービスを展開しているかどうかを見て決めるのもひとつの手かもしれません。

 

まとめ

家具移動の際の業者選びのポイントについて知っていただけたでしょうか。 引越し業者のほとんどが家具移動を請け負っていますが、便利屋の方が安く済む場合もあるため、相見積もりがオススメです。業者の比較検討の際には、「依頼する家具に対応できるか」「万が一の補償はあるか」「価格が適切か」の3点に注意しながら、時期や家具の大きさ、作業員の対応を加味したうえで検討するのが一番よいです。

ただ、ピアノや冷蔵庫など重くて破損の危険性があるものの移動を依頼したい場合は、あらかじめ相談するか、専門業者に依頼しましょう。家具にとっても、人にとっても、安全第一な家具移動をおこなってください。

0800-805-7609

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7609

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7609

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。